FC2ブログ

ちょっと早いけどひな祭り♪

3月3日のひな祭りは、女の子が無事に成長するように祈ってお祝いする行事です。
ひな祭りの起源は、中国から伝わってきた「節句(節供)」と呼ばれる暦上の風習で、江戸時代にそのうち五つを「五節句」として幕府が定めました。

古代中国では、旧暦の三月の巳の日に、身体の穢れを紙人形に移し、船に乗せて川に流すという風習がありました。その風習が日本に伝わり、平安時代には宮中で「上巳の祓い」という行事が行われるようになりました。その行事の中で、川上から杯を流し、自分の席に流れ着くまでに歌を詠む「曲水の宴」が催され、この席で桃の花を添えて白酒を飲んだことから、「桃の節句」とも呼ばれるようになったそうです。ちなみに、桃の木は、中国では悪魔を討ち払う神聖な木と考えられていたため、ひな祭りで飾られるようになったと言われています。また、紙人形を川や海に流して不浄を祓う風習は現在も「流し雛」として残っています。

さて、よく「お嫁に行き遅れるから、お雛様は早くしまわなくっちゃ!」なんてセリフを耳にしませんでしたか?どうして、こんなことが言われるようになったのかというと・・・。
雛人形の原型はもともと、自分の身代わりの人形に身の穢れを託し、川や海に流す「流し雛」の風習から来ています。この時流す人形は、わらや紙でできた簡単なものでしたが、時が経つにつれて豪華な雛人形が一般的になってきました。そうなると、川に流すわけにはいきません。そのため、川に流す代わりに、三月三日のうちに片付けることによって、「厄を水に流す」ということにしたのだそうです。翌日も雛人形を飾っているということは、穢れを移した人形をそのままにして、厄落としをしていないことになります。
そこで、「翌日飾りは嫁に行き遅れる」と言って、早く片付ける口実にしたのだとか・・・。

リード通信2月号抜粋
スポンサーサイト

只今!キャンペーン中!!!

2008春キャンペーン

講演会開催のお知らせ

このたび、大変お世話になっている大韓航空函館支店 支店長 岸田様の講演会が開催されます。いろいろな地で活躍されている岸田様から函館の魅力と韓国の素敵なお話をこの機会に聞いてみませんか~?みなさまのご参加をお待ちしております

講演テーマ「韓国と函館の魅力をつなげる」 ㈱大韓航空函館支店 支店長 岸田 茂様
日時 平成20年2月14日 午後6時~7時30分
場所 函館市街づくり交流センター(函館市末広町4-19 TEL0138-22-9700)
会費1,000円

参加ご希望の方はお手数ですがリード不動産(0138-26-5533)までご連絡ください。
プロフィール

leadestate

Author:leadestate
函館市の人と自然に優しい不動産屋さんです♪

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク