FC2ブログ

リード不動産めちゃハッピー大望年会in2018!

more...

K・F・C!!

あっという間にこの季節がやって参りました!
IMG_0633.jpg

すっかり雪も積もり・・・ホワイトクリスマスは確実か・・・!?
そんな期待を胸に、やはり食べたくなるあの味(´∀`σ)σ

KFC!(ケ○タッキー)笑

この時期ならではのクリスマスソング・・・、テレビCM・・・、
いくつになっても心弾みます♪

リード不動産の店内でもツリーを出して皆様をお待ちしております.゚+.(・∀・)゚+.

IMG_0660 (1)

夢の温泉はしご旅♪(/・ω・)/ ♪



お盆休みの初日8月11日、自分1人でカルルス温泉の湯元オロフレ荘と、登別の夢元さぎり湯へ日帰り入浴に行ってきました。カルルス温泉に行ったのが初めてで・・。小さな温泉地でありまして、源泉の色は無色透明で入浴剤の印象と違いましたが良いお湯でした。時間的にもまだ早かったので、贅沢に「温泉のはしご♪」と思い、夢元さぎり湯に行きました。ここは、お気に入りです。登別温泉は、「硫黄泉」が主流ですが、「明礬泉」というお湯がここでしか味わえない貴重な源泉があり
100%かけ流しです。
贅沢な時間を過ごさせて
頂きました。(柳橋 貴秋)

more...

会長のひとりごと・・・

早いもので、虫の声に秋を感じます。

台風被害、水害と、この頃の自然災害に胸が痛みます。
心からお見舞い申し上げます。

地球の気温変動を感じるにつけ、「毎日のエネルギーの使い方に気をつけなければ・・。」と思うこの頃です。

はこだてジュノールも開所して4ヵ月が過ぎ、着々と入会者が増えています。

よく、「恥ずかしいから秘密でお願いします。」とおっしゃる方が多いのですが、「私は、幸せを掴む勇気を出して入会したのだから、恥ずかしいことはないのではないですか?逆に勇気を出したのだから、自分を褒めてくださいね♪」とお話ししています。

陽転思考になるコツとして、知人からのメールに、次の様に書かれていましたので、ご披露させて頂きます。
① 夢・ヴィジョンを持つ
② 自分に自信を持ち、決意する
③ プラスの言葉を使う


昔読んだ本の中に「お金が欲しいと思わないと、お金は入ってい来ない」という言葉が書いてありました。

「パートナーが欲しい」と思わないと、出逢えないとも言えるのではないでしょうか。
幸せのパートナーを、ぜひ見つけてください♪

また、最近読んだ本の中に、「幸せの法則」というものを見つけました。

人はみな、幸せになるためにこの世に生まれて来たと思うのですが、幸せの定義は、100人いれば、100通りの幸せがあると思うので、法則など思いもつきませんでした。
「誰しも幸せになれる因子が得られました」とも書いてあったので、興味津々で読み進めますと、こんなふうに書かれてありました。

① やってみよう因子(自己実現と成長の因子)
② ありがとう因子(繋がりと感謝の因子)
③ なんとかなる因子(前向きと楽観の因子)
④ ありのままに因子(独立と自分らしさの因子)


次回、その意味をお知らせ致しますね。
とにかく「幸せ」になりましょう。
その大学の先生は、21世紀は幸せ社会へのバラダイムシフト(思考や概念、規範や価値観が、枠組みごと移り変わること)の時代とおっしゃっています。


続く・・。

佐々木少年と断捨離

 

 今年の我が家の庭の花々は落ち着かない天候の影響を受けて持ち味を出せず鑑賞する側を感嘆させるようには咲けなかった。そんな中、「雨の中に咲く紫陽花の花」は一瞬私たちを楽しませてくれた。
また、猛烈な暑さで熱中症に厳重警戒が発令された本州地区への出張時は北海道との温度差に対処するためかつてない体調の管理に気を使った。水、水、水、水と頻繁に飲んだ。ビールは補水にならないと社員達から強くダメ出しされた。
 
 知人が菜園を借りて“畑 ”を楽しんでいる。経験豊富な方がアドバイスをくれるそうだが手塩にかけた作品は気象条件に左右され「今年はなかなかうまくいかない」と笑顔で語っていた。彼にとって“畑 ”の成果をめざすプロセスは独特の知的興奮を掻き立てているのだろう。とにかく楽しそうなのだ。

 断捨離できない逸品に「切手」がある。小学校四年生から大人になるまで断続的に買い集めた記念切手。友人に誘われて五稜郭公園の入り口前にあった“切手屋さん”に出入りしているうちに小遣い銭で外国切手を買い始めた。間もなく記念切手発行のペースに合わせて函館中央郵便局まで出かけ、行列しては買っていた。シート買いする大人を横目に、ガキの小遣い銭では一枚だけだ。ストックブックには枚数は多くないがさまざまな切手が並んでいる。収集家ならご存知の一九五八年発行「見返り美人」もある。そのストックブックの裏表紙に

「切手集めの要領」
一、どんな切手でもいいから貰う事也。
一、 記念切手の出る日には必ず局に行く事也。
一、 だれかが切手をくれるといったら必ずもらってくる事也。 以上

                   日本切手株式会社 取締役 佐々木俊克

と収集に夢中になっていたころ(小六)の様子が書き残っている。
郵便局OBのSさんが「使ってしまいなさい」と言うのだが、まだ実行できずに今日に至っている。六人の孫の誰かが「引き取ってくれないかな?」…。今どき関心ないかぁ…。
メールの時代だもんなぁ……。

切手
佐々木少年

プロフィール

leadestate

Author:leadestate
函館市の人と自然に優しい不動産屋さんです♪

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク